楽しい! おいしい! 岡山県

岡山県の 楽しい場所、美味しい食べ物、美しい風景をご紹介します。小さなお子さん、歴史好きの方、鉄道ファン、フルーツ好きの方、お祭りが好きな方、晴れの国岡山へぜひどうぞ。ドライブや旅行の予定をたてるのにご利用ください。

私の住んでいる岡山県の 楽しい場所、美味しい食べ物、美しい風景をご紹介します。小さなお子さん、歴史好きの方、鉄道ファン、フルーツ好きの方、お祭りが好きな方、晴れの国岡山へぜひどうぞ。ドライブや旅行の予定をたてるのにご利用ください。

観光

ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
映画「燃えよ剣」を見てきました。
いい映画でしたよ~。

岡田准一の演じる土方歳三が、かっこよすぎて泣けました。

ぐんぐん引き込まれて、映画を見ていたら…
あっ! 吉備津神社だ!!

吉備津神社の長い回廊を、土方、近藤、沖田が歩いていました。
京都の一場面として、ここでロケが行われたのですね。
ロケを見たかったなあ。
22366267_s

この長い回廊は、戦国時代、1573~1591年ごろにつくられたもので、
岡山県指定文化財になっています。

また、吉備津神社の本殿・拝殿は、国宝になっています。
5144522_s (2)
現在の本殿・拝殿は、室町時代(1390年)、室町幕府の将軍、足利義満が造営を開始し、応永32年(1425年)に完成した建物です。
本殿は比翼入母屋造という、ここにしかない建築様式で建てられています。
(別名「吉備津造」ともいわれています。)

さすがに、これを映すと、吉備津神社とわかってしまうので、映画には出ていませんでした。

吉備津神社は、昔話の桃太郎のもとになった、
吉備津彦命と温羅(うら)の戦いのゆかりの神社です。
古代、吉備の国では、大和朝廷(吉備津彦)と鉄の文化を持つ民族(温羅)の戦いがあり
敗者の温羅が鬼と呼ばれるようになったのではないかともいわれています。

吉備津神社には、温羅の首が埋まっていると言われる御釜殿や
大吉備津彦が埋葬されているといわれる前方後円墳など
ご紹介したい場所がたくさんあるのですが、
別の機会に記事を書きますね。

さて、「燃えよ剣」のロケは、県内各地の古い街並みを使って行われました。

吹屋ふるさと村もその一つです。
5140006_s
3954074_s
22686584_s

吹屋ふるさと村の特徴は、石州瓦の赤い屋根。
この地方特産のベンガラという赤い塗料で大もうけした商人たちが
高価な石州瓦を使った街並みを作り上げました。
商人が都市計画に基づいてつくった町なのです。
映画では赤い屋根が映らないように撮影されていたので、
あれ~?どこかで見た気がするけど、どこだろう?
と、なかなか気が付きませんでした。
1959144_s
丘の上にお城のような立派な石垣をもつ豪商の住まい、広兼邸。
ここでも、ロケが行われたようです。

他には、高梁市の頼久寺がでていましたよ。
B-234
写真提供:岡山県
小堀遠州作の立派なお庭の見える座敷が使われていました。
映画では、頼久寺だけど、なんかちょっと違うかな…って感じでした。
きっと、美術さんが、どこと分からないように工夫されていたのでしょう。

頼久寺のお庭は、つつじの咲くころが一番きれいで、
来ていただいたら、どなたもきっと気に入られると思います。

ラストの五稜郭の城壁は、津山城跡で撮影されたそうですよ。

「燃えよ剣」のロケ地巡りを楽しんではいかがでしょうか。



ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
B-105
倉敷美観地区は、なまこ壁の美しい蔵と、江戸時代さながらの町屋と、明治、大正ごろの洋館づくりの建物が独特の雰囲気を醸し出している町です。

スタジオのセットと違い、生きた、人の住んでいる町なので、
映画のリアリティをだすのにぴったりです。

美観地区は、幕末や、明治、大正時代を扱った映画やドラマのロケ地になっています。

るろうに剣心
シリーズ第一弾の剣心と喧嘩屋の左之助が戦っている夜のシーンは、倉敷美観地区の倉敷館前にある「中橋」周辺でロケが行われました。
B-089
左の洋館が倉敷館です。
中橋を渡ると倉敷考古館があります。
nakjabasi

カーネーション
NHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」も、
この倉敷館と中橋周辺で撮影されました。
番組を見て、気づかれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

天皇の料理番
TBSのドラマ「天皇の料理番」にも美観地区が登場。
アイビースクエアの赤レンガの壁や、お土産屋さんの立ち並ぶ通りが
明治から大正にかけての街並みとして出てきます。
ロケで、美観地区を、日本髪をゆい着物を着た人たちが歩いていると、
本当に明治時代に見えちゃいます。

美観地区には、レンタル着物のお店も多数あるので
着物を着て写真を撮ってみるのも楽しいかも♬


倉敷美観地区は大きくなってる?
昭和の昔、美観地区と呼ばれる前の倉敷は
古い家が立ち並ぶちょっと寂しい感じの場所でした。

倉敷川沿いの通りが美観地区になり、
観光のお客さんが来てくださるようになって
美観地区には、古民家を利用した個性的なお店が次々とできて
町は生き返りました。
そして、美観地区の隣の通り、そのまた隣の通りへと
景観条例を守って、古民家を再生したお店が広がり、
美観地区は広さも、楽しさも倍増しました。
きっと、これからも、楽しい町がどんどん広がっていくことでしょう。
何度来ても新しい魅力が見つかる街倉敷へ
ぜひ遊びに来てくださいね。

ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
4551847_s

倉敷美観地区には、まだまだたくさん楽しい体験ができる場所があります。

色とりどりのマスキングテープでデコレーション!
マスキングテープは、便利で、かわいくて、種類もいっぱいあって、
女の子の大好きなアイテムですよね。

マスキングテープの発祥の地は、倉敷なんですって。
美観地区には、全国でも珍しい、マスキングテープ[mt」の専門店がありますよ。
倉敷川とアイビースクエアの間の記念日通りにあるTANEというお店です。

img_large_1
写真:ホームページより引用

店主は楽しいことが大好きな方で、
お店の真ん中にドドーンとクラシックカーが置いてあります。
自動車屋さんではありません、マスキングテープ専門店です!
壁一面に並ぶマスキングテープはどれもかわいくて、
選ぶのに迷ってしまいます。
自分のだけでなく、お友だちへのお土産に買っていく人も多いです。
喜ばれますよね。

MTで作る。デコレーション体験。
mt収納箱(mtBOX)をデコレーションする体験ができますよ。
お土産に持ち帰れます。
実用的で記念品にもなりますね。
topic01

topic02
写真:ホームページより引用

不器用な人でも大丈夫!
マスキングテープは貼りなおしができるので
何度でもやり直せますよ。

  体験料金:お一人様 500円+税
    (マスキングテープを2本と収納ボックス1箱が付いています。)
  受付時間:10:00~18:00(最終受付17:00)
  所要時間:約20分
  予約が優先です。「ウェブサイトを見た」とスタッフにお伝え下さい。
  対象:小学生以上(はさみを使うので安全のため)
  お問い合わせ先:Tel : 086-486-3618
          Mail : tane@kurashiki.shop
  TANE
  住所:岡山県倉敷市本町5-12


キャンドルを作ろう!
倉敷美観地区のキャンドルフェアリーには、
かわいいキャンドルがいっぱい!
見ているだけで、楽しくなっちゃいます。

そして、ここでは、自分だけのオリジナルキャンドルが作れるんです。


お手本があり、スタッフの方も教えてくれるので、
小さいお子さんも楽しく体験できますね。

  キャンドル作り料金
    Aコース アロマキャンドル:1300円
    Bコース DECOパフェキャンドル:1800円
    Cコース 季節のフィギュアキャンドル:1800円
    Dコース 季節のキャンドル(大)or(ペア):2000円
  
  キャンドルフェアリー
  住所:〒710-0055 岡山県倉敷市阿知3丁目18-6
  営業時間: 10:00~17:00
      (手作りキャンドル体験の最終受付は16:00)
  定休日:火曜日・水曜日
  電話:086-454-4505 
   mail:shop@candle-fairy.jp

倉敷美観地区入り口から徒歩5分です。
一足伸ばして、楽しいキャンドル作りをしてみませんか?


ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!

5103126_s

せっかく倉敷に遊びに来たんだから
いろんなことをして楽しみたい!

そんなあなたにピッタリのおすすめの場所をご紹介します

倉敷銘菓
「むらすゞめ」の手焼き体験

岡山県民ならだれでも知っている倉敷銘菓「むらすゞめ」。

明治10年創業の橘香堂が130年間受け継いできた伝統の味です

熟練の職人さんが一つ一つ手作りしている和菓子です。


橘香堂美観地区店では、この「むらすゞめ」の手焼き体験ができます。
焼き立ての
むらすゞめ」はいい香りがして、とっても美味しいんです。
自分で焼いたものなら、ひときわ美味しいです。

通常サイズだけでなく、7倍もあるジャンボサイズも焼けます。
ジャンボサイズの中には、あんこだけでなく白玉団子も入っているそうですよ。
ジャンボサイズの「むらすめ」は店頭には並んでいないので、
手焼き体験をした人だけが食べられるおいしさなのです。
甘いもの好きには、たまりませんねえ。

楽しい旅の思い出に、「むらすゞめ」を焼いてみるのはいかがでしょうか。

「むらすゞめ」の手焼き体験ができるのは10:00~16:00で、
体験時間は5分ほどです。
料金は、
むらすゞめ手焼き体験(普通サイズ×3コ)…………………… 600円
ジャンボむらすゞめ手焼き体験(ジャンボサイズ×1コ) …1,200円

むらすゞめを焼く鉄板が熱く、高さが合わないと危ないので、
手焼き体験ができるのは、小学生以上、身長120cm以上で
介添えなしにできる方ということです。

橘香堂 美観地区店 
  住所:
岡山県倉敷市阿知2丁目22-13
  電話:086-424-5725
  営業時間 9:00~18:00


森田酒造酒蔵見学
森田酒造は明治43年創業の造り酒屋です。
萬年雪 森田大吟醸プレミアム 大吟醸原酒 
平成25年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。

「酒造りは素材選びから」という考えで、厳選された素材を使い、
時間をかけた丁寧な仕事で酒造りに取り組んでいます。
最高に美味しい酒を造ろうという職人さんの心意気が感じられるお店です。

森田酒造の酒蔵が見学できます。
現在では大変珍しい、昔ながらの完全開放醗酵方式による酒造りをしています。
お酒ができるまでの工程や酒蔵の案内をしてもらえます。
試飲もあり、お土産付きです。。
良いもの、良い仕事にこだわりぬいた森田の酒蔵、見てみたいですよねえ。

見学は予約制です。

森田酒造株式会社
  住所:岡山県倉敷市本町8-8
  電話:086-422-0252
  酒蔵見学ができる時間
    午前 10:00~12:00
    午後 13:00~17:00
  料金:1人500円(お土産付き)
  定休日:土曜日、日曜日、祝日 
  お問い合わせ:info@moritasyuzou.co.jp









ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
296352_s

くらしき川舟流し(くらしきかわぶねながし)
22463444_s

美観地区の中心を流れる倉敷川は、かつては物資を運ぶ川舟でにぎわっていました。
倉敷川の川舟は、 船頭さんが竿をさして進んでいくタイプの舟で、ゆったりと進みます。
川船から眺める倉敷の街並みは、とても風情があり、ひときわ旅情を感じさせます。
        くらしき川舟流し 大人  500円 
                 子ども 250円(5歳~小学生以下)
        チケットは倉敷館観光案内所で販売しています。
        (当日券のみで予約はできません。)

毎年5月3日には、この川舟流しに白無垢の花嫁さんが乗り、祝い唄の流れる中、川を下っていく「瀬戸の花嫁川船流し」というイベントがあります。
毎年、たくさんのお客さんが見に来られていますよ。

人力車に乗ってみる
img_branch_kurashiki_detail01
写真:えびす屋倉敷店ホームページより引用
人力車って、テレビのドラマとかでは見かけるけれど、
実際に乗ったことのある人は、あまりいないと思います。
美観地区には、観光のお客さんを乗せてくれる「えびす屋倉敷店」があります。
人力車は倉敷の街並みにピッタリ。
ステキな写真が撮れますよ。
少し贅沢ですが、非日常の特別感がたまらない!
歩くより少し高い位置から美観地区が見渡せます。
俥夫のみなさんは、お話上手で、観光スポッやトの案内もしてくれます。
地元の人しか知らないような情報も教えてもらえたりして、楽しいですよ。
英語対応をしてくれる俥夫さんもいるので、外国の方にも十分楽しんでいただけます。
3332654_s

料金は、コースの長さによって違います。
1区間コースの場合
(柳が揺れる倉敷川沿いや、倉敷ならではの白壁の蔵が並ぶ小路をめぐります。)
1人3000円、2人で4000円、3人の場合は人力車を2台使って6000円。
     ネットや電話で予約可能です。
        えびす屋倉敷店ホームぺージ http://ebisuya.com/branch/kurashiki/
        TEL:086-486-1400


いがらしゆみこ美術館でお姫様になる

いがらしゆみこといえば、女の子のあこがれの世界を描く漫画家ですよね。
「キャンディ・キャンディ」私も大好きでした。
いがらしゆみこ美術館には、美しい原画がたくさん展示されています。
そして、ここのもう一つのお楽しみは、お姫様体験(有料)ができること。
子ども用だけでなく、大人サイズのステキなドレスがたくさんあります。
ブロンドのカツラやティアラもいろいろあります。
憧れのお姫様に変身です。
館内には撮影用の背景が用意されていて、ステキな写真がとれますよ。
写真はカメラマンが撮るのではなく、自分で撮影です。
自分で好きなだけ撮れるのが嬉しいですね。
そうは言っても、サイズがねえ…どうせ普通サイズだけなんでしょ。
なーんて思っているあなた、そんなことはありません!
サイズは5号から25号そして大型のフリーサイズまでありますよ~♪
男性の方でインスタ映えを狙ってお姫様になりたい人も大丈夫です。
こちらでお姫様体験をした最高齢の方は88歳の女性だそうです。
ステキですねえ。
あなたも憧れのお姫様になってみませんか?

  いがらしゆみこ美術館
     岡山県倉敷市本町9-30
     TEL086-426-1919
     開館時間:10:00~17:00
      入館料:大人 600円(前売券500円)
      子ども300円(前売券250円)
      (前売り券はコンビニで買えます。)
      お姫様体験:1500円(別に入館料が必要です)
       ドレスを何枚も着てみたい方は
       2着目以降、一着につき追加500円です利用できますよ。
         

↑このページのトップヘ