ブログネタ
【公式】あなたの街の景色を見せて! に参加中!
DSC_0241
ず~っと岡山に住んでいると気が付きませんが、
岡山は水道水がとてもおいしいんです。

岡山県を流れる、高梁川、旭川、吉井川の三大河川が、
中国山地から澄んだきれいな水を運んできます。

水質データの数字で見ると、はっきりわかります。        

一般においしい水の条件と比べてみると。

蒸発残留物・・・主にミネラルなどで多すぎると苦く、適量だとまろやか。
 おいしい水  :1リットルあたり30~200ミリグラム
 岡山市の水道水:
1リットルあたり75ミリグラム

硬度・・・硬度の低い水はくせがなく、高いと好き嫌いが出る。
 おいしい水  :1リットルあたり
10~100ミリグラム
 岡山市の水
道水1リットルあたり36.1ミリグラム

遊離炭酸・・・水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる。
 おいしい水  :1リットルあたり
3~30ミリグラム
 岡山市の水
道水:1リットルあたり3.1ミリグラム

過マンガン酸カリウム消費量
 ・・・有機物の量が多いと消毒に用いる塩素の消費量も大きくなり、水の味を損なうことになる。
 おいしい水  :1リットルあたり3ミリグラム以下
 岡山市の水
道水:1リットルあたり0.8ミリグラム

臭気強度・・・においのある水は不快に感じられる。
 おいしい水  :3以下
 岡山市の水道水:1未満

残留・・・濃度が高いとカルキ臭がして、水がまずくなる。
 おいしい水  :
1リットルあたり0.4ミリグラム以下
 岡山市の水道水:1リットルあたり0.40ミリグラム

水温・・・冷やすとおいしく飲める。
 おいしい水  :最高20度以下
 岡山市の水道水:33.3

(数値は、
厚生省 (現厚生労働省) おいしい水研究会による「おいしい水の要件」 (1985年)と、
 岡山市水道局のホームページによるものです。)

このように、ほとんどの数値が基準値内、しかもかなり低い値です。

唯一、基準値を大きくはみ出しているのは、水温だけです。

岡山は晴れの国と言われるほど、日照時間が多く、
真夏の昼間は、水道から湯が出ます。
水道の蛇口を「水」にしても、「湯」にしても、ほぼ同じ温度です。
「水」が水らしく冷たくなったら、秋が来たなあと感じます。

でも、これは、冷やせばよいだけのことで、
水道水を空いたボトルに入れて冷蔵庫に入れておけば、
ミネラルウォーターなみにおいしい水が飲めます。

岡山市の美味しい水道水が飲める場所
岡山駅前の噴水の横に、誰でも無料で飲める給水機があります。
目印はこの噴水です。
DSC_0242
ピーコック噴水(クジャクを模した噴水)と呼ばれていて、
よく待ち合わせ場所になってます。

給水機は、これです。
DSC_0241
残念ながら、冷水器ではありません。
夏場はぬるくてイマイチですが、
ペットボトル等で持ち帰って、
冷蔵庫で冷やしてもらうと最高に美味しいです。
冬場は、ちょっと寒いですが、水道水も冷えているので、
その場でのんでも美味しさがわかっていただけると思います。

岡山の美味しい水は、良いお米を育て、良いお酒もできます。
また、温暖な気候と良い水のおかげで、
桃や葡萄、メロンなど、美味しい果物がたくさんでき、美味しいワインもできます。

ぜひ食べてみてくださいね。