楽しい! おいしい! 岡山県

岡山県の 楽しい場所、美味しい食べ物、美しい風景をご紹介します。小さなお子さん、歴史好きの方、鉄道ファン、フルーツ好きの方、お祭りが好きな方、晴れの国岡山へぜひどうぞ。ドライブや旅行の予定をたてるのにご利用ください。

私の住んでいる岡山県の 楽しい場所、美味しい食べ物、美しい風景をご紹介します。小さなお子さん、歴史好きの方、鉄道ファン、フルーツ好きの方、お祭りが好きな方、晴れの国岡山へぜひどうぞ。ドライブや旅行の予定をたてるのにご利用ください。

源平合戦

1123
藤戸寺

寿永3年(1184年)2月7日、一の谷の戦いで、

平家は源義経の奇襲により大敗しました。

沖合いにいた総大将だだ平宗盛は、安徳天皇、建礼門院ら守って屋島へ逃れました。

しかし、平通盛、平忠度、平経俊、平清房、平清貞、平敦盛、平知章、

平業盛、平盛俊、平経正、平師盛、平教経 等、多くの将兵が命を落とし、

平家は壊滅的な打撃を受けました。

それでも、なお備前や備中には平家方の豪族が多く、

瀬戸内海の制海権は平家の手にありました。

また、源氏は船を入手することが困難だったため、

平家を攻めあぐねていました。


藤戸の合戦

元暦元年(1184年)12月、備前国児島の藤戸(現在の岡山県倉敷市藤戸)で

源範頼率いる源氏の軍と、平行盛の軍が海を挟んでにらみ合っていました。

平資盛が率いる平家の軍勢は約500艘、児島の松尾山に本陣を置いていました。

一方、源範頼の率いる源氏の軍勢は2万から3万。

本陣は藤戸にありました。

当時の児島は文字通り海の中の島です。

両軍の距離には約500メートルの海があります。

船のない源氏方はどうすることもできません。



源氏方の佐々木盛綱は、たまたま出会った若い漁師に

小袖や袴、豪華な短刀などを与えて、浅瀬を聞き出し、

ついに馬で渡れそうな場所を見つけました。

そして、他言されることを恐れて漁師を殺してしまいます。

佐々木盛綱が七騎を従えて先陣を切り、海を渡るのを見て、

源氏の3万の兵が続々と続き、皆、海を渡って

応戦する平家と激戦を繰り広げました。

藤戸の合戦では平家が敗れ、平家は屋島に逃げ帰りました。

佐々木盛綱はこの功績で備前児島を所領にあたえられました。



なぜ息子を・・・老母の怒りと悲しみ

佐々木盛綱に殺された漁師には、老いた母親がいました。

愛する息子を奪われ、悲しみのあまり怒り狂い、

「佐々木と聞けば笹まで憎い」と血だらけになりながら

山に生えた笹を全部むしり取ってしまいました。

その山は笹無山と呼ばれ、今も笹が生えないのだそうです。

この話は、謡曲「藤戸」にも描かれています。


後年、佐々木盛綱は無慈悲なことをしたと大いに後悔し、

藤戸寺で大規模な法要を行いました。



現在の藤戸は、住宅地や田んぼが広がる陸地で、海岸線ははるか南です。

そして、ここに何万もの軍勢が入って戦ったとは思えないほど、のどかな町です。

藤戸寺は小高い丘にあり、境内からは藤戸の合戦があったあたりを一望できます。

平地は、当時はすべて海で、ぽつぽつと見える山が島でした。

近くの倉敷川にかかる盛綱橋には、佐々木盛綱が海を渡る銅像があります。

そこから、歩いていける距離に経ヶ島という名の丘があります。

ここも昔は島でした。

丘の上には、盛綱がお経を収めた経塚と

漁師の若者のために建てた六角形の石塔婆(漁塚)が

並んで立っています。



他にも、佐々木盛綱がここから海を渡ったという「乗出岩」(のりだしいわ)や、

老母が笹を引き抜いた「笹無山」(ささなしやま)、

源氏の軍がつかっていたという「蘇良井戸」(そらいど)、

盛綱が先陣をきって上陸した場所にある「先陣庵」など

遺跡がたくさん残っています。


藤戸饅頭

藤戸寺のすぐ近くに、藤戸饅頭を売っている本家饅頭屋があります。

佐々木盛綱が藤戸寺で漁師の男を供養したときに

供えられた饅頭が起源だといわれています。

元禄時代頃までは藤戸寺の境内で売られていましたが、

万延元年(1860年)に現在の場所でお店をはじめたそうです。

今の店舗は、100年以上前に建てられたもので、

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケ地にもなっています。






23859300_s
教経が一喝したという鷲羽山から下津井沖を臨む

1184年、水島の合戦で大勝した平家は、更に東へと兵を進め、

現在の神戸のあたりまで攻め上り、一の谷に布陣しました。

主力の軍勢は一の谷に集結し、

先に大勝した水島付近では、

下津井を平教盛(
平清盛の弟)教盛の子どもの通盛、教経が守っていました。

こちらが手薄になったとわかるやいなや、

これまで平家に味方していた讃岐や阿波の兵士や役人たちが源氏に寝返って、

下津井を攻撃してきました。

まったく油断も隙もないというか、

源氏にせよ平家にせよ、当時の武士はしたたかですよね。

わずか2か月ほどの間に6か所で反乱が起きましたが、

いずれも平家が鎮圧しています。

地元では、勇猛で知られる平教経が迫りくる讃岐や阿波の軍勢を一喝すると

反乱軍は弓を射かけることもできず、震えあがって逃げ帰ったと伝えられています。

このころの平家は、まだまだ勢いがありました。

京都に戻れる日も間近と希望を持っていたことでしょう。

まさか、一の谷に布陣した平家の主力が敗れるなどとは、

夢にも思っていなかったのでしょう。


次回は、一の谷の敗戦後に起きた藤戸の合戦についてお話します。

23706609_s


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で話題になっいる源平の戦い。

一の谷の合戦(兵庫県)、屋島の合戦(香川県)、壇ノ浦の戦い(山口県)は有名ですが

岡山県での合戦はあまり知られていません。

しかし、都落ちした平家は、戦いながら山口県の壇ノ浦まで行っているので、

途中にある岡山県を素通りしたわけではありません。

岡山県倉敷市では、3回の合戦があり、源平合戦の史跡が残っています。

  ①水島の合戦(合戦中に日食が起き、源氏が大敗)

  ②下津井の合戦(6か所で平家への反乱が起きたが、平家が平定する)

  ③藤戸の合戦(浅瀬を馬で渡った源氏が平家を撃破する)

まずは、水島の戦いから見ていきましょう

水島の戦い

源義仲に敗れて都落ちした平氏軍は、一旦は九州の大宰府に入りますが、

行く先々で追討軍に追われ、今度は船で東に逃れます。

やがて讃岐の国(香川県)の屋島に入り、ここから再起を図ります。。

京へ上ろうとする平家の軍勢と、

平家追悼のために屋島に向かっていた源義仲(木曾義仲)の軍勢は、

寿永2年(1183年)閏10月1日、水島(岡山県倉敷市)でぶつかります。



当時の岡山県は、現在の姿とは大きく違っていて、

県の南部は「吉備の穴海」と呼ばれる海が広がっていました。

現在の岡山県の地形は、

江戸時代からの大規模な干拓で埋め立てられたものです。

源平合戦のころは、海岸線は総社市のあたりで、

岡山市も倉敷市も大部分が海の中、

水島、児島、玉島、早島など「島」という字がつく場所は、

文字通り、海に浮かぶ島でした。



水島の合戦では、海を挟んで、倉敷市玉島の乙島側に源氏、

柏島側に平家が陣取って、海上戦を繰り広げました。

 源氏方 兵:約5000人、船:約100艘 

 平家方 兵:約7000人、船:約200


見ての通り、源氏方、源義仲の軍勢は、海上戦であるにもかかわらず

船を半分しか確保できていません。

しかも、山国木曽から来た義仲の兵たちは、海上戦に慣れていませんでした。

一方、平家は海上戦を得意としており、

船と船に板を渡して揺れないようにし、矢を射かけてきます。


そして、長年都に住んでいた平家が文化人であったことも

この戦いを有利に導きました。

22241311_s


水島の合戦の最中に、日食が起きたのです。

都に住む文明人である平家は、この日、日食が起きることを知っていました。

しかし何も知らない源氏の兵たちは、太陽が消えていくのを見て慌てふためきます。


結果は、平家の圧勝でした。

義仲は、この戦いで、足利義清、足利義長、海野幸広、高梨高信など

たくさんの有力武将を失ったのでした。


↑このページのトップヘ